バンド映画50本見たので殿堂入りした20作品を紹介!【あらすじ・感想も】

おすすめ映画

バンド映画50本見たので殿堂入りした20作品を紹介!【あらすじ・感想も】

悩んでる人

  • 色んなバンド映画を見たい!
  • 感想も聞きたい!

 

こんな悩みに答えます!

 

バンド映画は若者が青春をひたすらに謳歌する物語から、伝説のミュージシャンの伝記映画など、ロックを題材とした名作が数多くあります。

 

今回は数多のバンド映画から殿堂入りした20作品を紹介し、あらすじや感想も解説します。

 

本記事を参考にすると気分にピッタリなバンド映画に出会うことができますよ

 

目次

【バンド映画】爆笑!悩んでたことがバカらしくなる5選

 

出てくる人達がふざけすぎてて、自分の方がまだましだと思える作品です。

 

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(2018年)

 

主要キャスト

  • 阿部サダヲ
  • 吉岡里帆
  • 千葉雄大
  • 麻生久美子
  • 小垰英二
  • ふせえり
  • 中哲司
  • 松尾スズキ

 

驚異の歌声をもつ世界的なロックスター・シンと、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか。正反対の2人は偶然出会い、ふうかはシンの歌声が“声帯ドーピング”によるものという秘密を知ってしまう!しかもシンの喉は“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって、2人は謎の組織から追われるはめに・・・。

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

映画館のスタッフがこのタイトル読み上げてるところ想像するだけで笑顔になる素晴らしい作品^ ^

 

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016年)

 

主要キャスト

  • 長瀬智也
  • 神木隆之介
  • 尾野真千子
  • 森川葵
  • 桐谷健太
  • 清野菜名
  • 古舘寛治

 

フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!! なんで俺だけ!? まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!! 慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる赤鬼のキラーK。キラーK によると、なんと、えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがあるという! キラーKの“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を明ける!!!!!

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

勢いだけの下ネタ使って笑わせにくる作品はよくあるけど、これはセンスあっての笑いで面白い!

 

『スクール・オブ・ロック』(2003年)

 

主要キャスト

  • ジャック・ブラック
  • ジョーン・キューザック
  • マイク・ホワイト
  • サラ・シルヴァーマン

 

いつまでたっても大人になりきれないデューイはロックを愛する熱い男。生活費を稼ぐ必要に迫られた彼は、バイト気分で名門小学校の代用教員になる。ところがある日、ひょんなことから生徒たちの音楽的才能を発見。”授業”と偽って子供たちとロック・バンドを結成したデューイは、念願だったバンド・バトルへの出場を目指す!

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

説教臭い教育映画を見せるより、この映画を観せたほうが子供たちのためになりそうだと思うほど深い。

 

『フィッシュストーリー』(2009年)

 

主要キャスト

  • 伊藤淳史
  • 高良健吾
  • 多部未華子
  • 濱田岳
  • 森山未來
  • 大森南朋
  • 渋川清彦
  • 大川内利充
  • 眞島秀和
  • 江口のりこ
  • 山中崇
  • 波岡一喜
  • 高橋真唯
  • 石丸謙二郎

 

1975年早すぎたパンクバンド「逆鱗」は世間に理解されないまま解散へ向かおうとしていた。彼らは最後のレコーディングで「FISHSTORY」という曲を演奏する。1982年気の弱い大学生は「FISHSTORY」の間奏部分に「女性の悲鳴が聞こえる」という噂を聞く。さらには出会った女性に「いつか世界を救う」と予言され・・・。2009年修学旅行中に眠り込んでフェリーに取り残された女子高生は「正義の味方になりたかった」コックと出会う。その直後、二人はシージャックに巻き込まれる。2012年街が静まり返るなか、営業中のレコード屋の店長は「地球が滅亡する日でも好きなレコードを聴いていたい」と、「FISHSTORY」に耳を傾けている。「FISHSTORY」という曲の間奏には、なぜ1分間の無音部分があるのか?果たして、2012年地球は滅亡してしまうのか?時空を超えてすべてがつながった時、想像を超える爽快なラストがおとずれる!!

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

原作ありの映画は大体尺足らずで失敗するけど、これは過不足なくて見事!

 

『日々ロック』(2014年)

 

主要キャスト

  • 野村周平
  • 二階堂ふみ
  • 前野朋哉
  • 落合モトキ
  • 岡本啓佑
  • 古舘佑太郎
  • 喜多陽子
  • 毬谷友子
  • 蛭子能収
  • 竹中直人

 

金なし風呂なし彼女なし。ヘタレロッカー・日々沼拓郎が友人とともに結成したバンド”ザ・ロックンロールブラザーズ”。ある晩、ライブをしていた拓郎達の前に一人の女が台風のごとく現れた!女の名前は、宇田川咲。斬新なスタイルでカリスマ的な人気を誇るデジタル系トップアイドルだ。売れないがロックを愛する心は誰にも負けない”自由”な拓郎と、トップアイドルとして活躍しながらも本当は自分のやりたい音楽が出来ずに苦しんでいる咲。二人は互いに自分にないものを持っていた。そしてある日、咲は拓郎にこう頼む。「お願い、曲書いて。私にはもう時間がないの。」果たして史上最強のロックバカと凶暴なトップアイドルの運命は・・・!?

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

死ぬ程泣いたし死ぬほど笑った。最後はすごい感動した( ;  ; )

 

「バンド映画」日常を忘れて泣きたい夜におすすめの1選

 

刺激がないだらっとしたゆるい幸せでも、あなたはちゃんと満たされてるんだよって教えてくれる作品です。

 

『ソラニン』(2010年)

 

主要キャスト

  • 宮崎あおい
  • 高良健吾
  • 桐谷健太
  • 近藤洋一
  • 伊藤歩
  • ARATA
  • 永山絢斗

 

バンドマンの恋人・種田と同棲中の芽衣子は、やりがいのない仕事と面倒な人間関係が嫌になり、仕事を辞めてしまう。音楽をあきらめかけていた種田は芽衣子の一言で「ソラニン」という曲を書き上げ、レコード会社に持ち込むが、ある悲劇がふたりを襲い…。

あらすじ出展元:U-NEXT 公式サイト

 

予告だけで充分泣ける、、なのに観た後こんな清々しい気持ちになる映画は初めて。

 

「バンド映画」あの夏の青春を思い出して走り出したくなる3選

 

10代に忘れてきた熱量を取り戻せる作品です。

 

『BECK』(2010年)

 

主要キャスト

  • 水嶋ヒロ
  • 佐藤健
  • 桐谷健太
  • 忽那汐里
  • 中村蒼
  • 向井理
  • カンニング竹山
  • 倉内沙莉
  • 水上剣星
  • 古川雄大

 

ハロルド作石の大ヒット・コミックを実写映画化した青春音楽ストーリー。平凡な毎日を送る高校生が帰国子女の天才ギタリストとの出会いをきっかけに彼の新バンド“BECK”のメンバーとなり、様々な経験や挫折を通して成長していく姿を綴る。監督は「20世紀少年」シリーズの堤幸彦。つまらない日常を送る平凡な高校生、コユキ。そんな彼は、ひょんなことからニューヨーク帰りの天才ギタリスト、南竜介と出会い、音楽にのめり込んでいく。竜介が、ボーカルの千葉とベースの平をスカウトし、新バンド“BECK”を結成する一方、ひたすらギターの練習に励むコユキ。竜介の妹・真帆は、そんなコユキの才能をいち早く見出し、陰ながら応援していくが…。

あらすじ出展元:TSUTAYA 公式サイト

 

漫画を映画化するなんて無理じゃん、、って気分で観たけど無理じゃなかった。正解だったよ。

 

『シング・ストリート 未来へのうた』(2016年)

 

主要キャスト

  • フェルディア・ウォルシュ・ピーロ
  • ルーシー・ボイントン
  • ジャック・レイナー

 

14歳のコナーはバンドを組む。街でいちばんイカした彼女を振り向かせるために- 1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった─。

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

評判もいいし、暇潰しに観てみるか~くらいの軽い気持ちで観賞したら号泣しちゃった( ;  ; )

 

『あの頃ペニー・レインと』(2000年)

 

主要キャスト

  • パトリック・フュジット
  • ケイト・ハドソン
  • ビリー・クラダップ
  • フランシス・マクドーマンド
  • フィリップ・シーモア・ホフマン
  • アンナ・パキン

 

厳格な母に育てられ、セックスもドラッグも知らない優等生。そんなウィリアムが地元誌に書いた原稿がローリングストーン誌の目に留まり、フツーの15歳の生活から一転、ロックの世界に没頭してゆく。ブレイク寸前のバンドに同行取材することになったウィリアムは、グルーピーのリーダー、ペニー・レインと出会う。それは切ない恋の始まりだった・・・。

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

一言で言い表せない、甘酸っぱくて、苦くてしょっぱい、そして透き通ったようなあの頃を思い出す映画でした。

 

「バンド映画」恋や仕事に葛藤してる人におすすめの3選

 

人生辛いこともあるけど音楽がそんな人生を変えてくれるって分かる作品です。

 

『はじまりのうた』(2013年)

 

主要キャスト

  • キーラ・ナイトレイ
  • マーク・ラファロ
  • アダム・レヴィーン
  • ヘイリー・スタインフェルド
  • ジェームズ・コーデン
  • ヤシーン・ベイ
  • シーロー・グリーン
  • キャサリン・キーナー

 

ミュージシャンの彼デイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られ、ライブハウスで歌う失意の主人公グレタ(キーラ・ナイトレイ)。偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)との出会いがデビューの話しへと発展するが、録音スタジオは、なんとニューヨークの街角!?!?路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームとゲリラレコーディングは実施され、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。そしてアルバムが完成したその日、誰もが予想できなかった最高の「はじまり」が待っていた。

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

洋楽好きにはたまらない映画だし、元気になれる素敵な映画だから皆に見て欲しい!

 

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(2013年)

 

主要キャスト

  • 佐藤健
  • 大原櫻子
  • 三浦翔平
  • 窪田正孝
  • 水田航生
  • 浅香航大
  • 吉沢亮
  • 森永悠希
  • 谷村美月
  • 勝村政信
  • 相武紗季
  • 反町隆史

 

「一目惚れって信じますか?」天才サウンドクリエーターであり、大人気バンド「CRUDE PLAY」の元メンバーである小笠原秋は、ビジネスとしての音楽の世界に嫌気が差し、自分の現状にもつまらなさを感じていた。そんな時、ふと気まぐれに女子高生・小枝理子に声をかけ、自分の正体を隠したまま付き合い始める。最初は軽い気持ちだった秋も、理子の純粋な想いに惹かれ、真剣に付き合うように。そんな折、理子が「CRUDE PLAY」のプロデューサーでもある高樹総一郎からスカウトされ、デビューすることに。実は理子は、天性の歌声の持ち主だった。理子の夢の実現が近づくにつれ、秋と理子の、嘘から始まった恋が大きく動き始める──

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

正直、大原櫻子ちゃんをよく見つけてくれたなって思います!絶対的な天才的な歌声、透き通る存在感はこの映画に欠かせない!

 

『NANA 1』(2005年)

 

主要キャスト

  • 中島美嘉
  • 宮崎あおい
  • 成宮寛貴
  • 平岡祐太
  • 丸山智己
  • 松山ケンイチ
  • 玉山鉄二
  • 松田龍平

 

東京にいる彼氏の元へ向かう小松奈々(宮崎あおい)とバンドでの成功を目指し上京するボーカリスト・大崎ナナ(中島美嘉)。そんな二人が東京駅に向かう電車の中で偶然隣り合わせた。同い年、同じ名前ということで意気投合した二人は後日、引越し先の部屋で再会し一緒に暮らし始める。 ナナは新たなバンドメンバー・シン(松山ケンイチ)を見つけ、なじみのギタリスト・ノブ(成宮寛貴)やドラマー・ヤス(丸山智己)と“BLACK STONES(ブラスト)”としての活動を東京で再開する。一方、彼氏の章司(平岡祐太)との関係がぎくしゃくし始めていた奈々に“TRAPNEST(トラネス)”のライブチケットが当たる。トラネスは才能あふれるリーダー・タクミ(玉山鉄二)や名ギタリスト・レン(松田龍平)などのいる超人気バンド。奈々はそのライブにナナを誘うがナナはなぜかトラネスのライブに行くことを渋る。そこには奈々の知らないナナの過去があった・・・。

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

本来原作とある程度の脚色がついて、少しだけ内容が変わってたりするけどこの映画は原作通りで最高に面白かった!

 

「バンド映画」音楽に関する映画を見るなら抑えておくべき3選

 

スターになるヒントが見つかるかもしれない作品です!

 

『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)

 

主要キャスト

  • ラミ・マレック
  • ルーシー・ボーイントン
  • グウィリム・リー
  • ベン・ハーディ
  • ジョセフ・マッゼロ
  • エイダン・ギレン
  • トム・ホランダー
  • マイク・マイヤーズ

 

世界が熱狂した伝説のバンド<クイーン>。その光と影を数々の名曲とともに描く感動のミュージック・エンターテイメント。1970年、ロンドン。ライブ・ハウスに通っていた若者フレディ・マーキュリーは、ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーのバンドのボーカルが脱退したと知り自らを売り込む。二人はフレディの歌声に心を奪わる。バンド名は<クイーン>に決まり、4人はアルバムを制作し、シングル「キラー・クイーン」が大ヒット。個性的なメンバーの革新的な挑戦によって、その後もヒット曲が次々に生み出され、フレディは“史上最高のエンターテイナー”とまで称されるようになる。しかし、栄光の影で次第にフレディはメンバーと対立し孤独を深めていくのだった・・・。購入版には、劇場では観られなかったライヴ・エイド完全版を収録!

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

この映画が作られると知って5年、ようやく観れた時の嬉しさは一生忘れない。エンドロールの最後の1秒まで無駄のない映画でした。

 

『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(2009年)

 

主要キャスト

  • (ジョン・レノン)アーロン・ジョンソン
  • (ジュリア・レノン)アンヌ=マリー・ダフ
  • (ミミ・スミス)クリスティン・スコット・トーマス
  • (ジョージ伯父さん)デヴィッド・スレルフォール
  • (ボビー)デヴィッド・モリッシー
  • (ポール・マッカートニー)トーマス・ブローディ・サングスター
  • (ジョージ・ハリスン)サム・ベル
  • オフィリア・ラヴィボンド
  • ポール・リッター

 

1950年代のリヴァプール。幼い頃より厳格な伯母ミミのもとで育ったジョン・レノンは、今や反抗期真っ只中の問題児。彼はある日、実の母ジュリアが意外にも近所に住んでいることを知って会いに行き、奔放な彼女の影響でロックンロールに夢中になっていく…。

あらすじ出展元:U-NEXT 公式サイト

 

ジョン・レノンの出自と成長していく様子にフォーカスした映画で、事実に忠実に基づいたストーリーだからデビュー前のことがよくわかる。

 

『イエスタデイ』(2019年)

 

主要キャスト

  • ヒメーシュ・パテル
  • リリー・ジェームズ
  • エド・シーラン
  • ケイト・マッキノン

 

売れないシンガーソングライターのジャックが音楽で有名になるという夢をあきらめた日、12秒間、世界規模で謎の大停電が発生──。真っ暗闇の中、交通事故に遭ったジャックが昏睡状態から目を覚ますと・・・あのビートルズが世の中に存在していない世界に! 彼らを知っているのはジャックひとりだけ!? ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況。そしてエド・シーランのツアーのオープニングアクトを任され、ついにメジャーデビューのオファーが舞い込んでくる。思いがけず夢を叶えたかに見えたジャックだったが──。

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

ビートルズが好きな人には勿論のこと、そうでない人にもきっと感動を与えてくれる映画です!

 

「バンド映画」バンドマンが共感の嵐を呼ぶ1選

 

バンドマンのイメージを過不足なく表現してる作品です。

 

『アイデン&ティティ』(2003年)

 

主要キャスト

  • 峯田和伸
  • 麻生久美子
  • 中村獅童
  • 大森南朋
  • マギー
  • コタニキンヤ
  • 岸部四郎
  • 平岩紙
  • 野村祐人
  • 夏木ゆたか

 

ロックバンド、SPEED WAYは、人気バンドだったが、ギターの中島は自分の世界を貫くことと、売れることの違いに悩み苦しんでいた。そんなとき目の前にボブ・ディランにソックリの男が現れる。中島は彼に見つめられ、流されている自分を恥じるようになるが、それをきっかけに自分を取り戻していく。
   みうらじゅんの原作漫画を『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』などの宮藤官九郎が脚色、俳優の田口トモロヲが演出した青春バンド映画。原作者自身、バンド経験があるゆえ、商業主義に巻き込まれ、自分を見失ってしまいそうになるミュージシャンたちの苦悩がリアルで興味深い。とはいえ、その苦悩を絶妙のユーモアとブレンドさせて親近感のわく作品に仕上げたのは、田口監督のセンスとこれ以上ないキャスティングの勝利。主演の峯田和伸の自分を取り繕うとしない素直なキャラは好感度大。また中村獅童、マギー、大森南朋、麻生久美子などが好演している。

あらすじ出展元:アマプラ 公式サイト

 

夢を追うと沢山の障壁があるけどそんな人生だからこそ人の心を動かせる。縮こまってちゃダメだって背中を押されました。

 

「バンド映画」とにかくイケメンと美女が見たい人におすすめの4選

 

バンドやれば自分もモテるんじゃね!?って思える作品です。

 

『PARKS パークス』(2017年)

 

主要キャスト

  • 橋本愛
  • 永野芽郁
  • 染谷将太
  • 石橋静河
  • 森岡龍
  • 佐野史郎

 

ある日吉祥寺に住む大学生・純(橋本愛)の元に、亡くなった父の昔の恋人“佐知子”(石橋静河)を探す高校生のハル(永野芽郁)がやってきた。ハルと佐知子を探すことになった純は佐知子の孫・トキオ(染谷将太)と出会い、既に亡くなっていた佐知子の遺品からオープンリールテープを見つける。そこにはハルの父・晋平(森岡龍)と佐知子の歌声が録音されていた。途切れてしまったその曲を三人は完成させようと試みるが・・・

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

見終わってから温かい気持ちになりました。井の頭公園100周年記念として製作されただけあって公園の映像がたくさん出てきてこれからの季節散歩したくなりました。

 

『小さな恋のうた』(2019年)

 

主要キャスト

  • 佐野勇斗
  • 森永悠希
  • 山田杏奈
  • 眞栄田郷敦
  • 鈴木仁

 

沖縄の小さな町。日本とアメリカ、フェンスで隔てられた二つの「国」が存在する場所。そこでは、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自作の歌を歌いこなし、観るものを熱狂させるその実力で、東京のレーベルからスカウトを受け、なんとプロデビューが決まる。しかし、喜びの絶頂で盛り上がる彼らに一台の車が突っ込み、バンドは行く先を見失ってしまう。そこに現れた、一曲のデモテープと、米軍基地に住む一人の少女。それらによって、止まった時計の針は前に進み始める。フェンスの向こう側に友の“想い”を届けるため、彼らは再び楽器を手に取り立ち上がる―。

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

大好きな事をして生きていけるのって、最高に幸せなんだろうなって思いました。沖縄の魅力も感じられました!

 

『JK☆ROCK』(2019年)

 

主要キャスト

  • 福山翔大
  • 山本涼介
  • 熊谷魁人
  • 小林亮太
  • 早山千尋
  • 結那
  • 三宅ゆきの

 

二人の「JOE」を中心に結成した大人気ロックバンド「JoKers」。人気絶頂の中での突然の解散から1年後、「JOE」(山本涼介)は米デビューを果たし、もう一人の「JOE」・海江田丈(福山翔大)は解散をきっかけに音楽をあきらめ、別の道を進もうと大学で退屈な日々を過ごしていた―

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

意外と身軽なさくらが、丈のギターと歌を初めて聞いて涙があふれるほど情熱があったり、ラストシーンではしっかり女の子でかわいい!

 

『キセキ -あの日のソビト-』(2017年)

 

主要キャスト

  • 松坂桃李
  • 菅田将暉
  • 忽那汐里
  • 平祐奈
  • 横浜流星
  • 成田凌
  • 杉野遥亮
  • 早織
  • 奥野瑛太
  • 野間口徹
  • 麻生祐未
  • 小林薫

 

歯医者も歌も、どっちも本気!前代未聞の覆面ボーカルグループ!誰もが知る名曲誕生にまつわる“軌跡”と“奇跡”を描いた“輝石”の物語。厳しい父の反対を押し切り家を飛び出したミュージシャンの兄ジン。父の想いを受け、歯医者を目指す弟ヒデも、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。音楽に挫折していた時、弟たちの才能を知ったジンは、そんな彼らに自分の夢を託すことを決意する。歯医者はやりたい、歌もやりたい。でも恐ろしい父親には絶対に言えないーー。そこで彼らがとった、ありえない作戦とは!?それは前代未聞の顔出し無しのCDデビューだった・・・。

あらすじ出展元:TSUTAYA TV 公式サイト

 

なんで今まで見なかったんだろうと後悔。顔出さない本当の理由とeが四つでGReeeeNの理由が知れて良かった!

 

動画配信サービスの配信状況もチェック!

 

 

配信サービス/作品名 音量を上げろタコ! TOO YOUNG TO DIE!  スクール・オブ・ロック フィッシュストーリー 日々ロック ソラニン BECK シング・ストリート あの頃ペニー・レインと はじまりのうた カノジョは嘘を愛しすぎてる NANA 1 ボヘミアン・ラプソディ ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ イエスタデイ アイデン&ティティ PARKS 小さな恋のうた JK☆ROCK キセキ
× × × × ◎ 
× × × × × ◎  ◎ 
× × × × × × × × ◎ 
× × × × ◎ 
× × × × × × × × × × × × × × × × × ◎ 
ビデオマーケット × × × × × ◎ 
× × × × × ◎ 
× × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × ◎ 
× × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × ◎ 
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × × ×
× × × × × × × × × × × × × × × × × × ×

※本情報は2020年5月現在の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。

  • ◎:配信中
  • ×:配信なし

 

映画を動画配信サービスで見る人は参考にしてください!

 

まとめ:音楽はいくつになっても心を熱くさせる!

 

以上!バンド映画20選の紹介でした!

 

映画はどの世代も楽しめるコンテンツですが音楽も同じです。その2つが合わさった映画は最高に面白いこと間違いなし!

 

今回紹介した映画を見て音楽という世界共通言語に触れてみたくなったら、ぜひ挑戦してみてください。

 

もしかしたら、あなたの人生が映画になるかも!

 

-おすすめ映画

Copyright© 僕の伝記ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.